2月 ねぎ編

旬の食材を活用したヘルシー生活のご提案

中国に古くから伝わる薬膳では、自分が生きている風土で、自然の恵みをたっぷり受けながら育った旬の食材は栄養価が高く、健康によいとされています。そんな旬の食材を毎月クローズアップし、ヘルシー生活をご提案いたします。

血液サラサラ、体ポカポカへと導く、冬の旬菜です。

ねぎ
寒くなるほど柔らかさと甘みが増すねぎ。独特の香りは、にんにくや玉ねぎにも含まれている硫化アリルという成分。血液サラサラ、ビタミンB1の吸収を高めて疲労を回復、保温、発汗、精神安定、殺菌などの効果が注目されています。さらに、緑の部分には、抗酸化ビタミンのβ-カロテンやビタミンC、骨の健康に欠かせないカルシウムや血圧を調整するカリウム、内側の薄皮部分のぬめりにもコレステロールを吸着して、体外へと排泄する水溶性食物繊維が豊富です。
ねぎの健康効果

役立つ健康ワンポイント

白い部分も緑の葉先も丸ごと活用を
白い部分も緑の葉先も丸ごと活用を かつては、北・東日本では白い部分が多い「根深ねぎ」、西日本では緑の部分が多い「葉ねぎ」が主流でしたが、近年は、料理によって使い分けられるようになりました。硫化アリルが多いのは白い部分。この成分は、細胞が壊れると発生しやすいため、細かく刻むことで健康効果をより享受できます。一方、葉ネギは緑部分を食しますが、旬に見かける泥つきの根深ねぎにたっぷりついている葉先も、ビタミンやミネラルが豊富なので、料理に活用しましょう。
ねぎは、漢方薬や民間療法としても用いられます。風邪の初期にも有効です。
■ねぎは、漢方薬や民間療法としても用いられます。
風邪の初期にも有効です。
ねぎの白い部分は、漢方では「葱白(そうはく)」と呼ばれ、風邪初期に体を温め、発汗を促し、鼻づまりや冷えによる腹痛、下痢などを緩和する特効薬として使われています。白い部分を刻んで器に入れ、お好みですりおろしや刻みしょうが、味噌、ハチミツを加え、お湯を注いで飲む民間療法はご家庭でもお勧めです。

▲ページの先頭へ戻る

PICK UP 健康やせオススメ情報

  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください
  • 美養レシピ
  • The 32nd Murayama Presents EVE STAGE 2017.12.2開催<観覧無料>
  • CM告知ページ
  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください